条件に合った法律相談所を見極めるポイントを伝授!

しっかり補償を受ける為に

玩具の車

弁護士に相談を

不幸にして交通事故の被害者になってしまった場合、加害者から損害賠償金を受け取ることができます。この損害賠償金には、治療費、休業損害、慰謝料などがあります。治療費は、入院費や診察代、通院にかかる交通費などさまざまなものが含まれますので、治療に関係する出費であればどんなものでもレシートや領収書を取っておきましょう。休業損害は、働いている人だけが受け取れると思われがちですが、実は専業主婦でも認められます。きちんと請求することが大切です。慰謝料は、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。そして、あまり知られていないことですが、この慰謝料を定める基準には自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の三つあり、それぞれ後者になるほど高額になります。自賠責保険基準と弁護士基準では受け取り額に大きな差が出ることも稀ではありません。納得のいく金額の損害賠償金を受け取るためには、自分で保険会社の担当者と交渉することは避けましょう。相手は交渉のプロですので、可能な限り最低限の支払いで済ませようとします。交通事故にあって少なからず動揺しているときに、知識のないまま交渉すると、相手の言われるまま示談してしまいがちです。いったん示談書にサインしてしまうと、後からはどうしようもできませんので注意しましょう。交通事故にあったときは、弁護士に依頼することをおすすめします。受け取れる損害賠償金が大幅に増える可能性があるだけでなく、自分は治療に専念することができます。なお、弁護士はそれぞれ得意とする分野が異なります。依頼する際は、交通事故に強い弁護士を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2017 条件に合った法律相談所を見極めるポイントを伝授! All Rights Reserved.